医療看護環境学会の目的

目的

医療看護環境学会は、医学および看護学、福祉、保健および公衆衛生に関連する分野の学術研究を目的としており、未発表の投稿論文、事業報告等を掲載いたします。

医療看護環境学会は、医療、看護、福祉、保健、公衆衛生などの幅広い分野における研究活動の成果を発表し、その知見を学び合うと共に研究活動の活性化や研究交流の場とし、日本だけでなく世界へと拡がる学術研究機関を目的としております。また、当学会では今後も人材育成・活動支援の理念から、すでに実績を積まれた研究者はもちろんのこと、将来性のある研究者の支援と発掘が出来ることも望んでおります。

研究活動の成果を発表、研究活動の活性化、研究交流の場

会員の方々には、全ての投稿論文を全文でご覧いただくことが可能です。会員以外の方は研究報告の要旨(Summary)のみ閲覧が可能です。また、今後の投稿論文の状況に応じて、定期的な学術集会などの研究活動の活性化や交流の場を創ることが出来れば幸いです。

医療、看護、福祉、保健、公衆衛生などの幅広い分野

人類が安全で健康的な暮らしを得るためには、医療、看護、福祉、保健、公衆衛生などの分野における研究活動は非常に重要であると考えます。皆様の研究活動をどうか後世へとつながる発表の場となれば幸いです。

将来性のある研究者の支援と発掘

医療看護環境学会では、すでに実績を積まれておられる研究者はもちろんのこと、若く挑戦的な研究者や将来性のある研究者の登場を心待ちしております。

どうぞこの趣旨にご賛同いただき、当学会にご入会くださいますようお願い申し上げます。

ページ上部へ戻る